生理的活動を正常化させるリラクゼーション

リラックスした状態とは、心身とも深くくつろぎ穏やかになっている状態で、呼吸や脈拍はゆっすりとして、体全体の血行なども良好です。
体の筋肉も緩んでホルモンバランスも安定しています。



この状態のように生理的活動を正常化させてそれを意図的に行う技法のことを「リラクゼーション」といいます。



ストレスがたまっている状態では、疲労感や緊張感、心理的な不安定が持続していますが、このときには交感神経が活性化している状態です。
また、反対にリラックスした状態とはこのストレスを中和することで、体内のバランスが安定していることをいいます。


わかりやすく簡単にいいますと、「身体や心を緩めること」と言い換えることができますが、本来は弛緩とか緩和という意味になります。



また、「体を動かす」「感情を表す」「5感を満たす」「呼吸方法」などいろいろな技法があります。リラクゼーションとはリラックスしている状態に意識的にするということになりますが、ストレスの状態が交感神経が活発になっている状態に比べ、リラックスしている状態とは、副交感神経が活発になっている状態を表します。



日常的にうまくリラクゼーション効果を取り入れるためには、その交感神経と副交感神経とのオンとオフとの切り替えをコントロールするということでもあります。

具体的な方法としてはリラックスした状態へと誘導するためのものですが、それにはリンパマッサージやアロマテラピーなどのほかさまざまな方法があります。

今の時代にはとくにリラクゼーションの必要性をいわれていて、心や体が疲れた状態を解き放つためにストレスが溜まり過ぎないように改善していかなくてはいけません。

ストレスの一番の大きな原因では「情報の過多」ですが、その情報事態が知らず知らずのうちにも心や体に大きな負担をかけているともいえるのです。



http://mixi.jp/view_event.pl?comm_id=839254&id=74628542
http://www.fujimoto.or.jp/services/lymphedema.php
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3